不妊治療の観察ポイント:⑨顔のゆがみは不調のサイン

顔に左右差がある(眼の大きさ、鼻の位置、ゆがみなど)

→縮んでいる側に不調がある

 

顔は身体の状態を表します。

顔に歪みがある場合、縮んでいる側に不調がある可能性を示しています。

 

痛みを感じると無意識に力が入って筋肉が収縮します。

 

たとえ自覚症状がなかったとしても、

体のどこかに不調がある場合

「潜在意識の中で痛みや違和感」を感じて

無意識に不調のある側を縮めています。

 

麻生太郎氏の場合を例に挙げて考えてみます

 

右側の肩が短く、右側の顔が上がっています。

鼻も右側に振れており、

耳も右のほうが高く、

口唇も右上がりです。

(左側の顔が下がっているという診方もできます)

 

この場合、

右側の臓器に異常がありそうだということになります。

 

女性の右側には

肝臓、子宮、十二指腸、直腸、肛門があります。

卵巣、腎臓、肺、脳は左右にあります。

(女性の場合は子宮や肛門、直腸は中心よりも右寄りに位置する)

 

左目のほうが小さい

左側の骨格、筋肉、内臓などに

滞りがある可能性があります。

 

ストレスの多い人は注意

このような顔の歪みは

慢性的に忙しい生活をしている人に多い傾向があります。

美容面だけでなく、

健康面でも影響するため、注意が必要です。

 

歪みを改善するためには、身体を休ませて

歪みは身体の疲れのサインです。

仕事量を減らし、就寝時間を早めるなど

生活習慣の見直しを考えましょう。

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two × 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL