不妊治療の観察ポイント: ⑧-3 妊活中はよく噛んで食べる

「早食い」は下腹部(子宮、卵巣)の血流を悪化させる原因になる

咀嚼回数(30~50回)を意識して食事する

 

早食いは顔相に現れる

早食いを続けると、鼻の下がもりあがってきます。

美しくないですね。

 

早食いは恥骨の淵を硬くする

早食いをすると咀嚼不良のため未消化物が増え、腸が全体に下がる

         

恥骨が前へ出っ張り、淵を押すと硬く痛むようになる。

骨盤が開いて腸骨が出っ張る。

         

生殖器の血流が妨げられ機能低下を起こす

女性は子宮、卵巣機能の低下、

男性は男性機能・精子の機能低下につながる。

 

その他の

早食いが良くないとされる理由

 

肥満や生活習慣病のリスクが上がる

早食いをすると、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまうことが多く、

結果として過食につながり、

肥満や糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めることがあります。

 

歯周病や虫歯のリスクが上がる

十分に噛まないと、唾液の分泌が減少し、口内環境が悪化します。

これにより、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

 

顔の筋肉が衰える

十分に噛まないと、顔の筋肉を使う機会が減り、筋力が低下します。

これにより、実際の年齢よりも老けて見えることがあります。

 

まとめ

妊娠を希望される人に限らず、

美容や健康の維持を考えるのであれば

食事にはある程度の時間をかけ

咀嚼回数を十分にとる(30~50回)

ことが大事です。

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

sixteen + one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL