不妊症治療の観察ポイント:⑦鼻と生殖器の関係

鼻は、卵巣(子宮)など生殖機能と関係している

鼻筋はくっきりとしていて、

鼻水、鼻づまりなど鼻炎症状がないほうがよい

 

東洋医学では「鼻は生殖機能に関連がある」と言われています。

「鼻が大きな男性は生殖器も大きい」

なんて話をきいたことありませんか?

占い太朗 HPより

これは東洋医学から派生する顔相学で言われていることです。

「これが事実であることが証明されたのです。」

 

2021年、京都府立大学の研究チームにより

「鼻のサイズと陰茎の長さに相関関係があること」が報告され話題になりました。

H.Ikegaya et al. Nose size indicates maximum penile length   Basic and Clinical Andrology : 2021/2 

 

女性の場合、「鼻孔は子宮の入り口を表す」と言われています。

 

膣の入り口に炎症があると鼻孔が痛くなったり、

赤い筋が入ったりします。

 

このように顏相学の診方は理にかなっていることも多く

顔から体の状態を把握するのにとても役にたちます。

 

鼻づまりがあると鼻筋がぼやける

鼻づまりがあると鼻筋が左右不均一になります。

 

詰まっている側が膨らみ鼻筋がぼやけます。

鼻づまりがあると睡眠障害になりやすく

経験的に鼻炎などのアレルギー症状があると

妊娠しにくい傾向にあります。

 

鼻粘膜から生殖機能が制御されている

性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)は下垂体からのFSH LH の分泌に関与しています。

薬と健康の情報局より(第一三共ヘルスケア  HP)より引用

 

そして、この性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRh)分泌のスイッチが

脳以外で唯一、

鼻粘膜にあることは非常に興味深いことです。

大黒成生 「鼻に起源する性腺刺激ホルモン放出ホルモン細胞 」 1999年 日本医科大学雑誌

 

生殖機能をより高めたいのであれば

鼻の状態を健康にしておくのは必須です。

 

症例 鼻筋の形状と排卵障害に関係性がみられた例

28歳の女性 会社員

主訴 生理周期が長く(40~60日)不順、数か月来ないこともある

医院にて多嚢胞性卵巣の診断をうけている。

 

鼻筋に粟状大の隆起物が発現し、

重度の生理不順と鼻づまりがあった。

 

妊娠能を高めたければ鼻炎症状を改善すべき

妊娠と鼻の健康は関連性があります。

妊活中は鼻づまり、鼻水などのアレルギー症状も無視しないほうがよさそうですね。

 

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

20 + 10 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL