不妊症治療の観察ポイント:⑥眼と生殖機能の関係

顔に生殖能が現れます→眼は卵巣機能を表す

眼は左右均等で適度に開いてるのが理想です

顔に生殖能が現れると聴いてびっくりする方もいるのではないでしょうか。

こんな症状ありませんか?

眼の疲れ、痛み、目ヤニが多い、赤い、眼が適度に開いていない(やや閉じている)など

これらは、言いかえれば眼の使い過ぎによる眼の疲労です。

仕事でパソコンばかり見ている人や、

スマートフォンばかり見ている人に多い症状ですね。

眼が疲れてくると眼球の真上にある頭皮が硬くなる

眼が疲れたなと思ったら、

上図に示す頭皮(赤い部分)を指先で前後に動かしてみてください。

他の部分に比べて動きが悪くなっているはずです。

眼の酷使は子宮の酷使

眼が疲れると足首・手首の動きが悪くなります。

前項(不妊症治療の観察ポイント②)で説明したように、

足首・手首は卵巣・子宮に関連があります。

眼と生殖器の不調は関連があるのです。

妊娠したいのであれば

眼の酷使は禁物ですね。

眼の周囲を刺激すると足首・手首が緩む

攅竹や眼球、額を適切に刺激すると

眼球上部の硬い部分が緩み、足首・手首も緩みます。

眼が疲れたと思ったら、蒸しタオルなどで眼をリラックスさせてあげるのもいいでしょう。

眼が正常になれば眼はパッチリ開く

眼が大きく開くことは美容上もうれしいことです。

眼にやさしい生活こそが、妊娠への近道です。

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 × two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL