靴下を履いたまま布団に入らないほうがよい

〇足首~足裏は体温を調節する場所です。

靴下をはいたままねてしまうと不要な熱をにがしたりできなくなるため

体温の調節ができなくなります。

そうすると靴下をはいている状態が通常であると身体が考えてしまうため

体温が下がる方向に維持されてしまいます。

 

冷えの強い場合は湯たんぽなどであたためることをお勧めいたします。

参考: 石を使った自己治療

 

 

〇寒い季節は足首を保護する、暑い季節は足首のない靴下をはく

→長さの調節をしよう

 

足首を保護すると身体が温まりやすくなります。

涼しいと感じた時や、風邪をひいていて寒さを感じるときは

足首を保護して身体が温まるよう工夫するとよいです。

 

 

〇三陰交を温める

脾経の経穴 三陰交は生理痛、冷え、逆子の治療点です。

ここをもぐさなどを使ってあたためるとこれらの症状をやわらげると

いわれています。

   

 

たまはりきゅう院 田巻和洋

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL