妊娠にかかわる経穴(ツボ)について

東洋医学の経絡は全部で十二経あります。

そのうちの腎経は妊娠に大きくかかわるといわれています。

 

ごらんのように腎経の経絡は

足の裏からはじまり→足の内側に入り→

アキレス腱の内側膝の内側→大腿部→腹部のほぼ中央を経由して喉元までつながっています。

たとえば足首付近にあるのが復留(ふくりゅう)です。

この復留を刺激すると腎経のさきまで影響します。

 

先のブログで妊娠しやすいお腹はやわらかいとのべました。

腎経の調子が良くないとお腹が硬くなったり、

冷え、生理不順、不妊(男性不妊)、不育症につながります。

 

臨床では腎経に関連する復留や大谿(たいけい)などのツボを使って

腎経を活性化していきます。

そうすることで腹部が柔らかくなり

上記の症状が緩和してくるのです。

 

腎経を活性化する(下腹部をやわらかくする)ために気を付けたいこと

・身体を冷やさない

・冷たい食べものを控える(温かい食べ物を食べる)

・立ちすぎない(立ち仕事は腎経に負担がかかる)

・十分な睡眠をとる(12時以降は寝る)

・精神的に安定する生活をする(恐怖心が強いと腎経が疲弊する)

 

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

thirteen + ten =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL