妊娠したいなら、おなかを柔らかくしましょう。

この図はお腹の圧痛点を示したものです。

痛む部位によってよくない場所が予想できます。

押して痛むということは付近の血流が滞り

血が行きわたっていない可能性を示します。

 

  1.  小腸の状態がよくありません
  2.  大腸の状態がよくありません。東洋医学的には瘀血(おけつ)といいます。
  3. ~4 卵巣、子宮のの機能がよくない可能性があります。

*瘀血(おけつ):古い血が溜まっている。

 

 小腸、大腸に負担がかかると便通が悪くなり

冷え、背中の痛み、腰痛、皮膚の色、顏色など全身へ影響します。

 

 

もちろん卵巣や子宮にも近いので

好ましいことではありません。

 

妊娠しやすい人はお腹が柔らかいのです

 

 

当院の鍼灸治療では

お腹の硬さを取るようにしていきます。

 

 

セルフで気を付けてほしいことは

食事の時間を十分にとり

40回以上、咀嚼する(唾液をまぜる)ことです。

 

関連ページ:フェイスラインで妊娠力をみる

 

 

こうすると小腸、大腸への負担が減り

少しずつお腹が柔らかくなります。

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five + 13 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL