男女の産み分け法 その②  女の子が欲しい場合

○男女の産み分け法 その2 (女の子が欲しい場合)

 

 

・夫婦生活のタイミング

 男の子の時のように食べ物による方法はありません。

 

夫婦生活の仕方ですが、「排卵日2日前にあっさりと」 行います。

女の子をつくるX遺伝子持つ精子(X精子)の寿命は2~3日です。それに対し男の子をつくるY遺伝子をもつ精子(Y精子)は1日程度。卵子の寿命も1日です。

排卵日2日前に射精された精子は排卵時には寿命の長いX精子だけになり女の子を受胎する確率があがるのです。

 

 

 

・女性側はあまり興奮しすぎないほうがいい

 男の子をつくるY精子は酸性に弱いとされています。

女性側が興奮しすぎると分泌液が多くなり膣内がアルカリ性に傾くのです。ですから女の子が欲しい場合は女性側は興奮しすぎる前に射精を終えるようにしましょう。

 

 

 

・膣内を酸性にする方法

 膣内を酸性にするゼリーもあるようですので完璧を目指したいと考えるのであれば利用してはいかがでしょう。

 

 

・ご主人は野菜や海藻の割合を多く、肉や魚などの動物性たんぱく質は少なめ食べるようにします。

女性側は反対に動物性たんぱく質とくに魚の割合を多くします。

 

 

 

以上 

 

 

無痛のはりきゅう たまはりきゅう院

 

JR浦和駅 北口 徒歩2分

埼玉県 さいたま市浦和区東仲町8-17

日月休診

☎048-883-6538

 

https://funin.tama-hariq.com

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two + sixteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL