男女産み分けのコツ その①  男の子がほしい場合 

○男女産み分けのコツ 男の子がほしい場合 その①

 

 

 

図解女の子男の子の生み分け方-二人の希望に応える (池田書店の妊娠・出産・育児シリーズ)

 

 

 

・天然カルシウムを4か月飲み続ける

 精子にはX染色体をもつX精子とY染色体をもつY精子がいます。

男の子のもとになるY精子はX精子に比べるとあまり耐久力がなく短命といわれています。酸性に弱く、アルカリ性に強い特徴があります。

以上から 普段からカルシウムを取ることで身体をアルカリ性に傾けるとよいそうです。

 

 

・排卵日当日に夫婦生活をする。

 雑菌などの侵入を防ぐ意味から普段膣内は酸性に傾いています。

これが排卵日に近づくと子宮頚管からの分泌液によりアルカリ性に傾くようです。以上から膣内が最もアルカリ性に傾く排卵日に夫婦生活を持つと着床しやすくなります。

膣内をアルカリ性にするゼリーも商品としてあります。

 

 

・女性はオルガズムを感じたほうがよい

 女性側が快感を感じ分泌液を多く出すことで膣内がアルカリ性に傾きます。夫は女性がオルガズムを感じるように前戯に時間をかけオルガズムを何度も感じるよう努めなけれなばなりません。そうすることで膣内がアルカリ性に傾き男の子のもとになるY精子が生き延びやすくなるのです。

 

 

男女産み分け研究会(SS研究会)より

 

 

 

 

栃木県の谷口医院さんでは産み分けの治療をしています。

私の知人もこちらの処方で無事男子を妊娠出産しました。

首都圏では世田谷区の杉山産婦人科が有名です。

 

 

 

天然カルシウムやゼリーは通販でも手に入ります。

試してみる価値はありそうです。

 

 

 

 

無痛のはりきゅう たまはりきゅう院

 

JR浦和駅 北口 徒歩2分

埼玉県 さいたま市浦和区東仲町8-17

日月休診

☎048-883-6538

 

https://funin.tama-hariq.com

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

9 + fourteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL