不妊症の鍼灸治療  体外受精でも夫婦生活の頻度が妊娠率をあげるの?

不妊を訴える患者さんの夫婦生活の回数が非常に少ないです。

「体外受精をするから夫婦生活は必要ないと思っている人も少なくない。」💣

それは大きな誤解で

性的な刺激のあるなしは妊娠の成功に大きくかかわっているのです。

ある程度 夫婦生活をすると自身のホルモンバランスも変ってきます❗

特に女性は顕著です。

 最近 「45歳 初産で自然妊娠したという症例 」

がありましたが夫婦生活の回数が半端ない❗

確認したら月10回以上は試みているとのこと。

こういう人は顔を見ていると顔にツヤがあり、独特のオーラが感じられます。

 妊娠を希望するひとは少なくとも月4回以上の夫婦生活をもってほしい❗

(タイミングだけではだめですよ)

そして気持ちが入ったほうがよさそうです。

たとえば女性のオーガズム

スポイトのような働きを生み子宮頸管に精子を取り込む効果があるといわれています。

「 赤ちゃんは二人の愛の結晶なんです。 」💖

妊娠を希望しているあなた まず夫婦生活を活発にしてくださいね。

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

浦和駅前 不妊治療 鍼灸研究所 たまはりきゅう院 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL