不妊症の治療:しつこいですが、小麦は食べないで

私自身、パスタを食べたら鼻炎が悪化しました。

先日、作ったカルボナーラ

不妊治療中の患者さんには小麦をやめるように伝えています。

しかし、料理が好きなので

パスタ料理も作ります。

もちろん、おいしくいただきました。

 

翌日の朝から3日間くらい

「眼の痒みとくしゃみ、鼻づまり」が悪化しました。

 

私の場合は

この時期に、小麦を食べると

鼻炎症状、眼の痒みがでてきます。

 

ビールを飲んだ翌日、

走ったりするとだるさを感じます。

(ワインを飲んでもだるさは感じません)

 

グルテンは子宮や卵巣にマイナスの影響あり?

これだけ影響があるのですから

子宮や卵巣に何らかの影響があってもおかしくはありません。

 

実際にあった、当院の患者さんの話です。

2年間にわたり体外受精を繰り返しましたが

妊娠陽性反応さえ出ない方がいました。

 

その方にグルテンフリーを実践するようにすすめたところ

それほど時間を待たず妊娠し出産に至ったケースがあります。

 

この事例以降、妊娠を希望される方にはグルテンフリーを推奨しています。

 

ほとんどの人がグルテン過敏症に気づいてない

小麦製品を食べても生命にかかわることは少ないです。

ということもありグルテン過敏症に気づいていない人が多いのです。

「妊娠したい人はまず小麦製品をやめること」

を真剣に考えてくださいね。

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

不妊症の臨床: 小麦が原因と思われる皮膚炎

不妊症の臨床: まず小麦を控えましょう

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

19 − six =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL