①男性不妊症に必要なミネラル:亜鉛

男性不妊症(精子形成)に必要なミネラルには、亜鉛やセレンなどが挙げられます。

 

 亜鉛は肉類や魚介類に含まれるのですが、

外食が多かったり、魚を食べる機会が少ないと

亜鉛不足になることがあります。

 

亜鉛は精子の形成に必要なミネラルで、

不足すると精子の数や運動性が低下する可能性があります。

 

亜鉛不足が疑われる場合は

クリニックにて亜鉛不足を示すALP(検査:アルカリフォスファターゼ)を調べることを勧めます。

(ALP 70以下であればZn不足、Mg不足と判断します。)

 

・亜鉛製剤の例 

マックプロD75mg×2錠 亜鉛元素34mg

オプティジンク 30mg×5 亜鉛元素 31.5mg

プロマックD×2錠=オプティジンク(​​30mg)×5錠

 

オプティジンクの場合は1日あたり2~3錠が目安です。

NOW Foods, L-OptiZinc、30mg、植物性カプセル 100粒

iHerb オプティジング30mg

 

 

クリニックに通院中の方であれば、

プロマックを処方してもらうとよいでしょう。

 

参考 藤川徳美著 若さを伝える栄養メソッド

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 × three =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL