精液所見に悪影響をおよぼす生活習慣について

男性の生殖機能(精液の状態)をよい状態にするのにどうしたらよいでしょうか。

数年前の論文で、

精液所見と生活習慣について述べられています。(ying Li ら fertility and sterility 2011 )

Association between socio-psycho-behavioral factors

and male semen quality:systematic review and meta-analyses

(題名 社会 心理 行動的要因と男性の精液の質との関係についての分析結果)

 

57の論文、26ヶ国 29914名の被験者データの中で

年齢、肥満度、喫煙、心理的ストレス、

アルコール、コーヒー摂取量

と精子所見との関連性について調査しています。

 

精液所見は精子量、精子濃度、総精子数、運動率、正常形態率の5項目について調査。

 

 

その結果は以下の通りでした。

 

喫煙: 精子の状態(精子量、精子濃度、総精子数、運動率、正常形態率)をいずれも悪化させる。

高年齢、アルコール摂取: 精子量を減少させる

心理的ストレス: 精子濃度、精子運動率、正常形態率を悪化させる

コーヒ、肥満度: 関連はなし

 

 

まとめると

  • 妊活中は.良い精子を作るためにも喫煙した方がよい
  • アルコール摂取によって精液量が減るので

 精液量が低い場合はアルコールを制限した方がよさそう。

  • 心理的ストレスも精子所見に影響することがあるので

ストレスをため過ぎないよう心がける

  • コーヒ、肥満は関係なし。

 

 

ここに挙げた要因は

自分でコントロールできる部分です。

 

 

鍼灸による治療効果をさらに高めるのも

自分次第ということですね。

 

 

関連ページ

不妊症とは

 

たまはりきゅう院 院長 たまき

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL