歯科矯正が不妊症の原因になる

歯科矯正は、ワイヤーを使って歯並びを強制的に調整する方法です。

 

 

この歯科矯正の器具の装着により

うつ、パニックなどの精神症状や、

頭痛、肩こり、めまいなどの身体症状、

不妊症や不育症の原因にもなることがあります。

 

 

 

頭蓋骨は15種23個の骨で構成されています。

そのうち、頭部、顔面、側面は

関節の一種である繊維結合で縫合されています。

 

この縫合構造によって

骨は動くことができ

かすかに拡張と収縮を繰り返しているのです。

これを骨動リズムといいます。

 

このリズムが矯正器具によって

固定されてしまうと骨が自由に動くことができなくなり、

先にあげたような不具合が発生することがあるのです。

 

 

 

不妊治療と歯科矯正を同時に行っている方は

歯科矯正に詳しい医療従事者に相談してみるとよいでしょう。

 

 

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five + 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL