ホルモンバランスがプレマリンを中止して改善した例

今日は28歳の女性です。

20代ながら妊娠を強く希望して不妊専門の病院に通っています。

 

主訴はホルモンバランスの改善です

 

その他の症状は

頭痛、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、足が攣る

 

プレマリン(エストロゲン)を服用中です。

 

 

鍼灸で5回くらい治療したところ

頭痛、耳鳴り、めまい、立ちくらみ、足の攣りはほぼ消失。

 

 

ところが子宮内膜の厚さが薄いと言われたそうです。

 

 

そこでプレマリンを中止して鍼灸治療だけで様子をみることにしました。

 

 

そして一月後

子宮内膜厚は改善したとのこと

 

 

結局のところ

プレマリンがホルモンバランスの改善を邪魔していたのが判明しました

 

 

ホルモンバランスはエストロゲン(卵胞ホルモン)だけではなくプロゲステロン(黄体ホルモン)も大きくかかわっています。

 

 

薬ではプロゲステロンを調整できないんです。

 

またプレマリンには頭痛やめまいなんて言う副作用もでやすい。

 

 

やはり身体に働きかけて自らのプロゲステロンを上げてあげたほうが身体には優しいのです。

 

 

 

ホルモンバランスの改善を考える場合は

まずは薬で上げようとせず

鍼灸治療で調整した方が効果的で身体にも優しいようです。

 

 

以上

 

 

無痛のはりきゅう たまはりきゅう院

 

JR浦和駅 北口 徒歩2分

埼玉県 さいたま市浦和区東仲町8-17

日月休診

☎048-883-6538

 

https://funin.tama-hariq.com

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL