妊娠のコツ 鉄分足りていますか?

最近、我が国では鉄分の足りていない女性が多いことが分かってきました。

 

 

我が国とは異なり

欧米では小麦などの食品原料に鉄の添加が義務づけられているため

女性の鉄分不足は日本特有の現象でしょう。

 

 

さらに、この鉄分不足は、頭痛、うつ、いらいらなどの精神症状、冷えなどをはじめとして

不妊症状にも大きくかかわってくることが分かっています。

 

 

 

さて鉄分の指標になるのが血液検査値であるフェリチン値(貯蔵鉄)です。

通常の貧血の指標であるヘモグロビン値ではありません。

 

 

 

欧米ではこのフェリチン値が50ng/mLを超えていないと妊娠が難しいといわれております。

こんなに大事なことなのに

わが国ではあまりチェックされておりません。

(我が国のフェリチンの基準は25~250ng/mLと範囲が広すぎです)

 

 

 

実際に当院の患者さんに血液検査をしてもらうと

だいたい10~30ng/mLです。

 

 

このような場合は

肉や卵などのたんぱく質の摂取量をふやしながら、

鉄剤のサプリメントを飲んでもらいます。

 

 

ただし、一般に売られているヘム鉄は吸収がよくないので勧められません。

フェロケルを選ぶようにしてください。

 

 

生理周期のある女性は鉄分の補給は必須です。

 

 

たまはりきゅう院 院長 たまき

 

 

関連ページ

当院の不妊治療メニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12 + 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL